FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
02.09

1週間検診

Category: レーシック
レーシック手術の1週間検診に行って来ました。

手術の際に切ったフラップも、もうくっついたようです。

というか、手術翌日の検診の際にもきれいにぴったりとくっついてたようで「手術したとは思えない眼」と検査のドクターがおっしゃってました。

普通、ちょっとは境目がわかったりするのだそうですが、私の場合は本当に綺麗にくっついてたんですって。

私自身も、手術の異物感がほとんどなく、視界もクリアだったので…多分これは担当してくださったドクターの腕が良かったおかげだと秘かに思ってます。

というのも、レーシック手術をする際に、ネットでレーシック経験者の方の日記を拝見したりしており、結構トラブルがあるという事実を知っていたから。

麻酔が切れた途端に激痛に襲われたとか、炎症を起こしてしまい翌日の検診でまたフラップをめくって消毒処置したとか、手術から数日たっても視力が安定せずに眼がかすんだままとか…。

私の場合は、今のところそういったトラブルがいっさい起こってません。
とても有難いことです。

私の手術を担当してくださったのは、三宮院の院長なんだそうです。
適応検査の際、カウンセリング担当のナースが「とても丁寧に処置してくれる先生なんですよ~」と、教えてくださいました。

患者である私を安心させようとの言葉だったのかもしれないけど、やっぱり「院長」という責任のある立場にいる先生の方が技術的には上手いような気がしますよね。

本当に安心しておまかせできました。
ただ、手術の時に私が恐怖心でものすごいガチガチになってしまったので「あぁこれでもしも失敗したとしたら、絶対私の方が悪いんだろうな。」と思いました。
それぐらい、ドクターは手際もよく、優しく、丁寧に手術してくださいましたよ。
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。