FC2ブログ
2007
04.20

赤ちゃん猫のその後

Category: 日々徒然
赤ちゃん猫3

20日(金)、午後2時56分。

代表様からメールが入り、また2匹虹の橋を渡ってしまったそうです。
残り2匹…なんとか頑張って欲しいです。

代表様のブログはこちら

いろいろ猫を保護しては里親さんを探したり…という活動でお忙しい方です。
このブログを拝見して、他にも仔猫を見捨てられずに保護されてる方がたくさんいることがわかります。

世の中にはこんな風に、心優しい方々がたくさんいるというのに、私の職場は…と、情けなくなります。

私が赤ちゃん猫を連れ帰る時、揉めました。
一人、めっちゃ私にくってかかる職員がおりました。

「なんでさっさと保健所に通報せえへんねん。」
「そういうのは、目が開いてないうちに処分しなあかんねん。」
「うちの家の近くに中学校があるけど、皆よく捨てに来てるで!それが当たり前なんや!」
「連れて帰って5匹も飼えるんか?」
「雑種なんか里親絶対に見つかれへん!」

なんかいろいろ言われましたが上記のことだけハッキリ覚えてます。

どうして「捨てるのが当たり前」なんてひどいことを言えるのでしょう?
「仕方ない」ならまだしも、「当たり前」ってどういうこと?育てられないから保健所なり何なりに引き取ってもらうのは、「仕方ない」ことであっても「当たり前」のことでは決してないでしょう!?

どうして雑種だからもらい手がないなんて決めつけるの?
そんなに血統書なりがついてる高級な生き物しか生きる権利はないの?

(ちなみに、この人、犬と猫を1匹ずつ飼ってるそうです。さぞかし高貴な生まれの犬猫なんでしょうねっっ!)

…こんな人間が同じ職場にいるのかと思うと、情けなくって腹立たしくて顔を見る度けり倒したくなります。
トラックバックURL
http://haneul.blog61.fc2.com/tb.php/420-edcf3e0d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top