--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
02.29

4年に1度

Category: 日々徒然
うるう年なので、2月29日があるのですね。

うるう年とは「閏年」と書きます。
「閏」という字は本当は「ジュン」と読むのだそうですが、「うるおう」と読む「潤」の字に似てるため、「うるう」と読まれた(つまり間違えた?)のだそうです。

ちなみに、2月が28日しかない年は「平年」と呼ぶそう。

以上、雑学~。
スポンサーサイト
Comment:0
2008
02.28

大好きチョコ

Category: グルメ

袋チョコの中では、これが一番好きです。
冬場しか入手できないけど…。
Comment:0
2008
02.23

ランチ

Category: グルメ


お友達と、タイ料理のランチを食べて来ました。

独特の味ですが、私は好きー。
Comment:0
2008
02.16

楽しみ

Category: 日々徒然
ニューアルバムが来月発売なんだな。



Comment:0
2008
02.15

みかさ、たいこまんじゅう

Category: 日々徒然
20080215.jpg

某ブログを拝見しており
「みかさ」
という言葉を発見。

「みかさ」はいわゆる「どら焼き」のことですが、関西人は「(みかさ三笠)」と言う方が一般的…だと思う。
でもうちの母親は最近「大関」と呼ぶこともあります。

「大関」は、商品名です。チーズケーキで有名な、りくろーおじさんの店で売られてる三笠が「勝時大関」という名前なんです。
でも「三笠」も、どうやら商品名っぽいです。

同じようなものに
「たいこまんじゅう」があります。

多分一般的には「回転焼き」「今川焼き」と呼ばれてるっぽい。

「たいこまんじゅう」とは「太鼓まんじゅう」と思ってたのですが、どうやら「太閤まんじゅう」らしい…と今日初めて知りました。

でも私の中で、このテのおまんじゅうは「御座候」なのですが。(これもモロ商品名。)
Comment:0
2008
02.11

最近の愛読書

Category: 日々徒然


よく行く整骨院で読んでたのですが、なかなか有益な情報(お料理とか、節約法とか)が載ってるので買い始めました。

若奥さん達は、やりくり上手だなぁ~と感心。。
Comment:0
2008
02.09

1週間検診

Category: レーシック
レーシック手術の1週間検診に行って来ました。

手術の際に切ったフラップも、もうくっついたようです。

というか、手術翌日の検診の際にもきれいにぴったりとくっついてたようで「手術したとは思えない眼」と検査のドクターがおっしゃってました。

普通、ちょっとは境目がわかったりするのだそうですが、私の場合は本当に綺麗にくっついてたんですって。

私自身も、手術の異物感がほとんどなく、視界もクリアだったので…多分これは担当してくださったドクターの腕が良かったおかげだと秘かに思ってます。

というのも、レーシック手術をする際に、ネットでレーシック経験者の方の日記を拝見したりしており、結構トラブルがあるという事実を知っていたから。

麻酔が切れた途端に激痛に襲われたとか、炎症を起こしてしまい翌日の検診でまたフラップをめくって消毒処置したとか、手術から数日たっても視力が安定せずに眼がかすんだままとか…。

私の場合は、今のところそういったトラブルがいっさい起こってません。
とても有難いことです。

私の手術を担当してくださったのは、三宮院の院長なんだそうです。
適応検査の際、カウンセリング担当のナースが「とても丁寧に処置してくれる先生なんですよ~」と、教えてくださいました。

患者である私を安心させようとの言葉だったのかもしれないけど、やっぱり「院長」という責任のある立場にいる先生の方が技術的には上手いような気がしますよね。

本当に安心しておまかせできました。
ただ、手術の時に私が恐怖心でものすごいガチガチになってしまったので「あぁこれでもしも失敗したとしたら、絶対私の方が悪いんだろうな。」と思いました。
それぐらい、ドクターは手際もよく、優しく、丁寧に手術してくださいましたよ。
Comment:0
2008
02.03

手術しました

Category: レーシック
予定どおり2月1日に、レーシックの手術をしました。
翌日の2月2日に術後の検診を受けて測ったところ、両眼ともに約1.5の視力になってました!

こんなによく見えるのは、おそらく小学校1~2年生以来だと思います。
(私は小学校3~4年の時に既にメガネをかけてたので。)

手術はめちゃめちゃ怖かったですが、ここまで視力が回復するならば、受けて良かったです。

手術が怖いというのは、眼のことなので全て見えてしまうからなんですね。
痛みには強いんですが、恐怖心はやっぱり消せません。
なんせ眼の表面を切るんですもん。これがものすごく怖かった。
その後レーザーあてるのとかは全然たいしたことなかったんですけど…。

そしてすごいのは、レーザーあて終わって、最初に切ってめくった眼の表面(フラップというのですが)を元に戻した瞬間に、もうクリアに見えたことです。
ほんの5分ほど前とは全然違う視界なんです、もう視力が回復してるんです。
すごいの一言につきます。

手術は、点眼麻酔を行うので、全然痛くありません。
ただ、麻酔がきれた時にすごく眼がだるくなったのですが、どうやらこれは人によっては「痛い」と感じるようです。
私は痛みに強い(というか鈍い…)ので、「痛い」と思わず「だるい」と思ったみたい…。
Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。