--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
12.31

ネット落ちしてました

Category: 日々徒然


ここ数日、大掃除に忙しくてPCを起ち上げることが出来ませんでした。
昼間大掃除して、掃除道具とかホームセンターに買いに行ったりしてへろへろになり、夜ホッと一息ついてコタツでTVを見て寝そべってたらウツラウツラと寝入ってしまい、いつも気づけば夜中の1時ごろにコタツで目覚め、そこからベッドへと移動します。
コタツってやっぱり恐ろしい…。(^_^;)

ネット落ちしてる間にメッセージくださった方々…申し訳ありませんでした。o(><)O

おかげで大掃除もいちおう終わりました。
お友達からお借りしてた本も昨日郵送しました。今日ぐらいには届いてる…かな?

セイちゃんも順調です。たくさん食べて、うんちぶりぶりで絶好調!ってカンジです。
他の鳥もリスも元気です♪

掃除の合間に、DSの献立集のソフトを買いました!
お料理ナビも持ってるのですが、1000種類のレシピ、しかもオレンジページ監修ってとこに惹かれました。
よくオレンジページ派とレタスクラブ派に別れるって言われてるそうですが、私はだんぜんオレンジページ派なのですよ。

いろいろなお料理があって、なかなか役立ちそうです。
20061231-2.jpg


ではでは、皆様、今年もいろいろありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を。♪o(^0^o)♪


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2006
12.27

動脈

Category: 日々徒然
昨日も書きましたが、コンタクトのための検査で、眼底写真を撮ってもらったのですね。

まずは右眼なんですが、「動脈が細い!コレステロールが高いとか血圧が高いとか言われたことない?」と怒られてしまいました。
…年配(50代前半ぐらい?)の女医さんなんですが、ちょっと怖いんです。(^^;)
スタッフ(と言うとなんかカッコよいですが、看護助手で結構年配のオバサマ方ばかりです。)とかに対しても結構キツイ物言いでね。

でも私には懐かしくもあり。
数年前に他界したウチの父親もこんなカンジだったなー、と、その先生見るたびに思うのです。

動脈の話ですが、確かに血圧は低いとは言い難いですが、健康診断でも特に指摘されたことはないんだけどなぁ。
コレステロールも、一応正常範囲内なんですが。。

でもまぁ確かに細いので、食事とか気をつけた方が良いかなぁと思いつつ、左眼の眼底写真を撮ってもらったら。

「あら、こっちは正常やね。」ということで。

う~ん、右眼と左眼で違うのか。。
身体全部が細いんだったらわかるけど、ある特定の箇所だけ(?)細いっていうにも、やっぱ生活に問題があるのでしょうかね?

なるべく油っこいものは控えてるつもりなんですが…。。

Comment:0  Trackback:0
2006
12.26

コンタクトレンズ

Category: 日々徒然


コンタクトレンズを買いました。
最近はずっとメガネと併用なので、1日使い捨てタイプを使ってます。

今までは、ワンデーアキュビューを使ってたのですが、それがどうも眼にあわない。疲れやすくて違和感も結構あって…。

それを以前に通ってた眼科で何度も訴えて別のタイプをテストさせてもらったりとかしたのですが…。
どうもその眼科が信用できなくなって、今回家の近所にある「昔から地域にある町医者」的な眼科にかかりました。
今までは、コンタクト専門みたいな眼科で、梅田や難波などの繁華街にあるとこだったんです。

やっぱり違いますね!
町医者は診察に時間がかかりますが(コンタクトを求める人だけでなく、純粋に眼の治療に来られてる人の方が多いので。)、ちゃんとした検査をしてくれました。

コンタクト歴10数年なんですが、眼底写真を撮ってくれるなんて、初めてでした。

また、先週その信用ならない繁華街の眼科に行った時に、私はあまり気づかない程度のアレルギーが眼に出てるらしいので、「アレルギー出てませんか?」と尋ねたところ、「大丈夫ですよ。」と答えが返って来て「あれ?」となったんです。
その頃は自分でも疲れ気味なせいもあって「あぁ、眼がちょっとアレルギーっぽい」と思ってたのに「大丈夫」ってホントかな?と。

まぁなかなか眼にしっくりくるコンタクトを提供してくれない事もあって、そこの眼科とちょっとケンカ越しの物言いになってしまい(^^;)、「けっ!こんな医者二度と来るか!」と捨て台詞を吐いて来たので、もうそこの眼科には二度と行きませんが。
ちなみに、ハマノコン○クトという眼科です。
医者がいつも違うので、同じ説明をその度にせねばならず、イライラしました。カルテ見ろっちゅーねん!!

話は戻りますが、今回の眼科ではちゃんと「アレルギー出てるねぇ。」という診察で、アレルギー用の目薬もいただきました。

そしてコンタクトなんですが、今までワンデーアキュビューを使ってたということもあり、まずはそれを装用してフィッティングを診てもらったところ、やはり今イチだということで。

じゃぁ別のタイプでってことで、このデイリーズアクアを試したところ、全然装用感が違うのです!違和感ほぼゼロ!!

やっぱりメーカーによって違うんですねぇ。
1日使い捨てタイプでは、ワンデーアキュビューが一番良いって言われてるみたいですが、人それぞれですね。
私の場合、眼のカーブがワンデーだと滑らか過ぎてダメなようです。デイリーズはカーブが急らしいので、そういうタイプの眼なのでしょうね。

ようやく眼に良さそうなコンタクトを見つけられて満足です♪

Comment:0  Trackback:0
2006
12.24

マツイ棒

Category: 日々徒然


近所のホームセンターで見かけたので、思わず購入してしまいました。

この間の黄金伝説を見たんです。
松居一代さんが、芸能人の方のおうちを掃除するってアレです。

いや、すごかったですね。ブラックマヨネースの吉田さんのおうち!
あんな家に住んでたら、病気にもなるわ…。お肌のブツブツも、不衛生なのが原因なのではないかしら…、と人事ながら真剣に心配してしまいましたよ。(^_^;)

で、松居一代さんのお掃除道具の今や定番となった「マツイ棒」。
ハッキリ言ってこれ、何か丸い棒にキッチンペーパーみたいなものを巻きつければ自分でも作れそうだったんですが、まぁ一番最初だからちゃんとした正規品を使ってみたいな、ということでお買い上げ。

まだ試してないのですが、年末の大掃除に役立ってもらえるかな…?
Comment:0  Trackback:0
2006
12.23

なんとか

Category: 文鳥
最後のヒナちゃん、危機は脱しました。
でもまだまだ油断できないかも。

どうしても奇形は残るので、無事成長しても普通の文鳥のようにはならないと思います。
「文鳥様と私」で文鳥飼いにはお馴染み、今市子先生のところの「しんのすけ」くんのようなカンジになるのでは…と予想してます。

頑張って生きようとしているコなので、私も出来る限りの手段を用いて育ててます。
夜中に起きてエサやったりもしてましたが…もう数日順調に過ごしてれば、普通のヒナの挿し餌の感覚になるかと期待してます。

でもまだまだ羽が生え揃ってなくて丸裸に近い状態なのです。。。

無事に成長してくれるようだったら、また写真Upしますねー。

Comment:0  Trackback:0
2006
12.21

また1羽…

Category: 文鳥
今回生まれた文鳥ヒナ、また1羽亡くなってしまい、残り1羽になってしまいました。

…1羽めが亡くなった時に、残る2羽のヒナを確認したところ、奇形が見られたんですね。
成長も遅いし…。
どうも3羽とも、もともとの生命力が弱い個体だったのでは…?と思ってます。

今日、2ヒナとも中津先生のところに連れてって、栄養注射とか処置してもらったのですが…1羽のヒナはそのかいもなく…。泣。。

先生が、親鳥から離して育てた方が良い、っておっしゃるので、今日からは私が育てます。
でもまだすごい小さくて、流動食を細いチューブで直接そのうに流し込むんです。
こんな小さいヒナを育てたことがないので、心配です…。
でも頑張ります。やれるだけのことはやらなくては!
Comment:0  Trackback:0
2006
12.17

野良猫の手術

Category: 日々徒然
我が家のベランダにエサを食べに来る猫のうち、1匹を昨夜捕獲しまして、今日避妊手術に連れて行きました。
無事手術を終えて、にゃあにゃあと寂しげに鳴いております。

…仔猫3匹を連れてる母猫だったんですよね。
一応、獣医さんに事前に相談して、ある程度仔猫が育ってるようなので、手術も出来るし一晩ぐらい仔猫達から引き離しても大丈夫、って事だったんですが。

でもやっぱり昨夜一晩は罪悪感に苛まれておりました。

けど、避妊手術もしないままエサをやり続けてまた子供を産んだりしたら、困るし…。
一応ベランダにネコトイレも設置して、そこでウンチもおしっこもしてるようなので安心ですが、あまり数が多くなると近所の目も気になるし…。

人間(私)の自分勝手な都合で避妊させられて、猫にとってはエライ迷惑な話だとわかってはいるのですがね…。
Comment:0  Trackback:0
2006
12.16

「武士の一分」

Category: 映画


珍しく母親が「観たい」というので、一緒に行って来ました。
キムタク目当てというよりか、藤沢周平原作というところに惹かれたようです。
ちなみに私は文鳥目当て。

劇場内は、うん、なるほど。
「みんな藤沢周平目当てなのね~」というような年配の方々でいっぱいでした。
キムタク目当ての方々はきっと公開してすぐに観に行かれたのかなぁ。

内容は、原作をちらりと読んでて知ってたのですが、なかなか良かったですよ。
キムタクもそんな前面に出てないし。
画面が薄暗いし、盲人役なので目を閉じてたりする時も多かったので…。

どちらかといえば奥さん役の壇れいさんとかの方が目立ってました。
桃井かおりさんもちょっとしか出番なかったけど存在感あったし。

出番といえば緒形券…。あ、あれだけの出番ですか…。(><)
Comment:0  Trackback:0
2006
12.15

お星様になってしまいました…。

Category: 文鳥
ヒナ3羽のうち、1羽が亡くなってしまいました…。

過去、孵化したコは皆無事に(まぁ身体が小さいコとかもいましたが)育っていってたので、正直、巣上げまでに亡くなるなんてこと思いもしてなかったです。

私の慢心とか、驕りが原因でしょうか…。

泣いて泣き続けて数日を過ごしていたのですが、まだ2羽生きてます。
残るこのコ達が無事に育ちますようにと今は祈るばかりです。
Comment:0  Trackback:0
2006
12.12

今日のヒナ

Category: 文鳥


一番手前のコ、羽がうっすらと色づいて来ました。
そして、どのコもだいぶ「目」が形成されて来たように思います。
Comment:0  Trackback:0
2006
12.11

アリーナ♪

Category: 日々徒然


Kinkiの25日コンサートチケットが届きました!
アリーナです。やった~♪
Kikiのコンサートに行くようになって初めてのアリーナなので嬉しいです。♪o(^0^o)♪

写真は本日の3ヒナ。
健やかに育っております。
おそらく右端のが1日遅れで孵化したコ。…この頃って1日の差が顕著に現れますね。
Comment:0  Trackback:0
2006
12.10

韓国に行って来ました~。

Category: 日々徒然


木曜日~土曜日と、半年ぶりに韓国へ行っておりました。

「極寒のソウルに行きたい!」とあちこちに声をかけて、それにひっかっかってくれた友人と2人旅。
とりあえず韓国に行ければそれで良かったのですが、友人が「水原(スウォン)に行きたい」と言うことだったので、それが一応メインの旅行になりました。

私は、水原についてはあまり知らなくて「チャングムのロケがあったらしい」ということしか知識がなかったのですが、水原華城というのは遷都する予定で建設したお城なのですが、出来上がった直後にその遷都を言い出した王様が亡くなって中止になってしまったそうなのです。
世界遺産にも登録されてるそうで、さすがに立派な城壁とか門とかでした。

城のあちこちに、チャングムで撮影された場所の説明が書かれてましたよ~。
Comment:0  Trackback:0
2006
12.05

3羽になりました♪

Category: 文鳥


ヒナは3羽になりました。

鳴き声が漏れ聞こえます。
ぴっ…ぴっっ…ってカンジの可愛らしい声です~♪

こんな小さいのに、ちゃんとエサももらおうと口を開けるのですよ。
すごいなぁ。
Comment:0  Trackback:0
2006
12.04

生まれましたーっ!!

Category: 文鳥


友と飲んで帰って23時過ぎ。

まずはブンチョ達のお世話をして…と、ケージのある部屋に行きエサを入れ替えたりしてると、樹里ちゃんがいやにべったりと巣にひっついてる。

まぁ良いや、と4ケージ分エサしてふと気づくと樹里ちゃんと翼が争うようにエサを食べてる。

…何でこんなに2羽で競い合ってるの?とケージを覗くと。

生まれてました~!!!

4コの卵中、2羽孵化。
夕べは確かに卵のままだったので、12月4日誕生日です♪

無事育ってくれると良いなぁ。
Comment:0  Trackback:0
2006
12.02

「椿山課長の七日間」

Category: 映画


七日間、という割りには残り3日しかなくって、始めの4日は一体どうなったの?という疑問が残るんですが…。。
このヘンはもしかして原作にはあって、映画でカットされたのかな??

伊東美咲・西田敏行に加え、志田未来・須賀健太という今大注目の子役。また成宮寛貴も準主役っぽく出てるし、脇役に國村隼・余貴美子、和久井映見等、かなりの豪華出演人で驚きました。

そして原作を読んでなくてもわかりやすく、良い映画でしたよー。ホロリと泣かせてくれます。既に死んじゃった人が主人公なので、よく考えたら結構救われない内容かもしれないんですけど、それでも後味が良かったです。

同じ浅田次郎原作の「地下鉄に乗って」の方がなんぼ後味悪かったか…。。

最近邦画が頑張ってるのですが、これまた良い邦画に出会えたなって思う1作でした♪
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。