FC2ブログ
2006
07.29

「ゲド戦記」

Category: 映画
「ゲド戦記」

この映画の主人公は「ゲド」ではない。
原作は6巻ほどあえうが、この映画は1巻ではなく3巻がベースになっている。
原作は根強いファンの多い児童向けファンタジー。
主人公アレンの声がV6岡田くん。

これぐらいが、私がこの映画を観に行く前に仕入れた知識。
あえて原作を読まずに観に行きました。
…だってどうせDVD買うだろうから…。ならば、読まないままに観た感想って今しか抱けないものだから、と思って。

心に闇を抱いた王子アレン。
映画の解説によると、偉大な父王のことを重荷に思ってるそう。(このへん映画内ではあまり説明がなかったような。)
心の葛藤が爆発し、とうとう父王を刺して国を逃げ出します。
生きるんだか死に場所を探してるんだか、彼の心は微妙なカンジ。このヘン、現代社会に生きる若者にも通じる思いなような。

結局、生への執着=死の恐怖=生の放棄、っていうテーマになってるみたいです。
で、こんなテーマなので、やはりあまりにお子ちゃまは理解しがたい内容かもです。

そんな作品に幼児を連れて観に来ていた客がいたのですが(私の斜め後ろに座ってた)、どう考えても無理でしょ~!無謀…。
(案の定、映画途中で幼児がぐずりだし、出て行ってた…。)

独特の世界観があるのでやはりわかりにくい部分もありますが、私は結構好きです。
クライマックスでは、少年少女が手に手をとって冒険するっていうパターンで、パズー&シータもしくはコナン&ラナちっくで素敵でした。
私の中でのベストオブジブリ作品は「ラピュタ」なのでね♪

声は岡田くんもなかなかお上手でした。
アレンがね、色っぽいのですよー。奴隷として連れて行かれそうになった時の首とか手に枷つけられてる場面とかね。
奴隷(下僕?)萌えってこういうのかしら?って不埒な感想を抱いてしまいましたー。

あと、ハイタカ(ゲド)役の菅原文太さんはやはり渋い!の一言に尽きます。。

スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
back-to-top