--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006
04.28

まだ完全ではない

Category: 文鳥
ゴンベ

ゴンベ、左の足がやはりおかしいカンジがしますね。
元のケージの止まり木には止まれないです。ぶっといらしい。。

家にあった他の止まり木も、どうにも全部太すぎたようで、ホームセンターで細い丸材を購入して来ました。
だいぶ細くないと止まれないみたいですー。

握力がなくなっちゃったのかな…。
スポンサーサイト
2006
04.27

鋼ちゃんです

Category: 文鳥
鋼ちゃん

3ヒナの母親です。

…昔はもっと黒い部分が多かったはずなのに、結構お腹とか真っ白になっちゃってる!

2003年秋生まれなので、ただ今2歳半です。
換羽を重ねていくうちに、徐々に白くなってったのかな…??




2006
04.24

それぞれの旅立ちです。

Category: 文鳥
末ヒナを職場のもらってくださる方のところに連れて行きました。
末ヒナ

広いお家にもらわれていくのです。
植木に詳しい方で、庭も広いので小松菜を自家栽培してくれるらしい。
ブランコも水浴び容器も用意してくれてるんだって。良かったねぇ。
幸せにおなり~。

そして一番上のヒナともお別れ。
一番上のヒナ

マイミクの方にもらっていただきました。とあることからお知り合いになって「ウチで文鳥生まれたら是非もらってください~」と会話して早1年以上が過ぎ…。
今回ヒナが生まれた時に「あの約束、まだいきてますか?」とおそるおそる打診したところ、快くお迎えしてくださいました。

そう、名前も既に決めてくだってて「快」(かい)ちゃんというのだそうです。「快晴」の快ちゃん。良いお名前をつけていただいて、きっと大事に可愛がってくださること間違いなしで、良いご縁があって嬉しいです。

梅田で待ち合わせして快ちゃんをお渡ししました。
快ちゃんを見て、とてもキレイな文鳥だと喜んでくださって安心しました。
一番最初に生まれたコで、体つきはしっかりしてたのですが、最初ちょっと脚が弱くて…。でも病院に連れてってカルシウム剤をいただいて、今ではもうしっかりした脚になってます。

そしてウチのコ残留の真ん中ヒナ。
我が家のうららちゃん

名前は「うらら」といいます。
もう早くから決まってたのですが、他の2羽が無事里親さまの手に渡るまでは、と封印してました。

名づけ親は別館の方で相互リンクをしてくださってる、りゅんさん。
新しいPCを購入する際、DELLを薦めてくださったのがりゅんさんだったので、その縁で「私の新しいPCに名前をつけてくださいー。」とお願いしたところ「ほのか」と「うらら」という
2つの名前を考えてくださいました。

「どっちかに決められないので、お好きな方を」ということでしたので、PCには「ほのか」という名をつけさせていただきました。
そしてちょうどその頃に3ヒナが生まれ1羽は手元に残すことを決めてたので、そのコの名前は「うらら」にしよう、と心に決めていたのです。

という訳でこのコは「うらら」です。
またしても女名前ですが、どうせ私のもとにいるコなんだからメスよねと自虐的に。。
オスでうららもまた一興。気にしないもん。。
2006
04.22

換羽真っ盛り

Category: 文鳥
翼

翼が激しく換羽中。

胸のあたり、羽がごっそり抜けて新しいのが生えてきてるところで…見た目ちょっと気持ち悪い。。(私こういうのに弱いのです。。)

頭も結構固まって抜けてます。

翼の換羽がここまで激しくなったのは初めて。
多分、先週病院でマロンのためにもらって来た栄養剤のせいかも。。
マロンと翼は同じケージなので、マロンのために栄養剤を振り掛けたエサを翼も食べてるのです。。

換羽を促す栄養剤。。

若いだけに効き目バツグンなのね。
2006
04.20

いい湯だな

Category: 文鳥
ゴンベ

…ってな雰囲気がしませんか?

発作があってからゴンベは水浴びしません。
以前はすごく豪快に、ケージ内がびしょびしょになるぐらいしてたのに…。

あんまりしないとお尻がばっちくなってしまうので、時々ムリヤリ水浴びさせます。

でもこうやって容器に入れてやっても自分で羽をバタバタしないのです…。
仕方ないので、むんずと捕まえて、流水でお尻を洗ってやるの。。
すんごい嫌がる…。。
2006
04.19

今のうちにベタベタ

Category: 文鳥
3ヒナ

もうじきお別れのヒナ3羽とべたべたべたべた…。

多分来週の初めに2羽を里親さんに引き渡そうと思ってますのでこの土日は思う存分ベタベタしなくては…!
2006
04.16

ゴンちゃんリハビリ中

Category: 文鳥
ゴンベのお家

ゴンベの薬がなくなったので、今日また夕陽丘病院へ連れて行きました。
ユラユラと揺れることなくしっかりと立てるようになったと私は思ってたのですが、先生の見立てでは「まだ本調子ではない」とのこと。

最近、ちょっと飛べるようになってきたのですけど、カゴに戻してやると、止まり木までなんとか飛び上がるのですが、つかまることができずにばささっっと落ちてしまうのです。
それは右目が白内障で完全に見えないから、遠近感が取れないせいだろうと…。

でも多分、右目が見えてないのは脳血栓の前からで、それまでは止まり木にとまれてたのになぁ…。。

「とりあえず、もとの暮らしに戻すためにはリハビリしかないですね。」との先生のお言葉に、思わず「…リ、リハビリって…??一体どうすれば…?」と固まってしまいました。

「人間と同じですね。半身不随とかになったら、リハビリして動かせるように頑張るでしょう。」と。
なるべく運動させるようにしたら良いのだそうです。

高さのあるケージは危険ということで、昔ハムスターを飼ってた時のケージを引っ張り出して、ゴンベはしばらくそこでリハビリに励みます。

早く奥さん(鋼ちゃん)と元・奥さん(苺ちゃん)のいる元のケージで暮らせるように、頑張れゴンベ~。
2006
04.14

最近イチゴをよく食べる

Category: 縞栗鼠
イチゴとアトム

昔はなんだかもっと高価だったような気がするんですけど、最近はお手ごろ価格でイチゴが売ってますね。
まぁ種類にもよるんでしょうけど。
「とよのか」とか「さちのか」なんかは結構安いので、バンバン買って来て食べてます。
ビタミンCを補給するのよ~♪

アトムにもあげました。。
ようやく冬眠から完全に目覚めた模様。
っていうか、巣箱を私が強引に取り外したので、寝たくても寝られない状況に追い込んだのですけど。。

そういえば、今年の冬に冬眠したのは巣箱があったからかも。
でも巣箱がないと、冬の間タイガー化した彼のケージにエサを出し入れするのが非常に困難なのよ…。。
さて次の冬はどうするかなぁ…。
2006
04.10

少しずつ

Category: 文鳥
ゴンベ

脳血栓で麻痺状態だったゴンベも少しずつ回復してきたようです。ユラユラ揺れることなくまっすぐに立てるようになっただけで、もう泣きたいぐらい嬉しい。

まだまともに飛べないけど、生きててくれるだけでも良いわ。

今まで亡くして来た文鳥はメスばかり。それも皆卵詰まりが原因で、具合が悪くなったらもうどうすることもできなくて。こうやって具合が悪いのを看病する間もなかったので。

弱っている様子を見るのは辛いけど、でも何がしてあげられるだろうかって考える時間があるだけでもまだ救いがあるのかも。

次のお休みあたりに、また病院へ経過を診てもらいに行こうかな。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。