--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010
06.04

リュ・シウォンライブ2010

Category: 韓流


「Ryu Siwon FUN FAN LIVE TOUR 2010」に行って来ました~。

昨年のツアーが大阪は12月だったので、半年も経たずに今年のツアー。
嬉しいけど、来年までも間が長くて待ち遠しくなるなぁ…。(って、今日終わったばっかなのに、この感想…。)

今日のシウォンさんは、風邪をひいてるとのことで、喉の調子も今イチでしんどそうでした。
でもステージの上でいっぱい頑張ってくれて、今年のライブも3時間40分ほどの長丁場。(昨年は5時間…。)

20100604-2.jpg

ツアートラックも何台も玄関に置いててくれて、お客さん皆記念写真撮りまくり
スポンサーサイト
Comment:0
2007
06.15

Ryu Siwon 2007 Live “With You”

Category: 韓流
コンサートグッズ

シウォン君(年上だけど何故か「君」と呼びたくなる可愛らしさがあるのです)のコンサートに行って来ました~!

今年で3回目、過去2年は関西は大阪の国際会議場で行われてたんですが、今回は神戸のワールド記念ホール。
…去年「来年は大阪城ホールでお会いしましょう~」と言ってくれてたのにぃ。。

でもやはり大きい会場だといろいろ演出に凝ったことが出来るようで、今までで一番素敵なステージでした。
なんと言っても、今年はアリーナで見ることが出来ましたし♪

kinkiとかのコンサートも毎年行ってますが、コンサートパンフを必ず買うのはシウォンのだけです。(韓流は、いつまで日本で公演してくれるだろうか…という危惧が大きいので。。)

過去のコンサートパンフ


1年目のパンフが一番コンサートパンフらしい中身でした。
去年のも今年のも、ほとんどただの写真集のようで…。

でも↓の写真はすごいお気に入りなのです~。

コンサートパンフ

この衣装を着て「眠る花」でコンサートの幕が開きました。
今回のCDはすごく私好みの曲ばかりで、毎日リピートして聞きまくってるのですが、その中でも「眠る花」は一番好きだったので嬉しいです~。

あぁ、ライブビデオの発売が待ち遠しい…

Comment:0  Trackback:0
2007
02.21

スマイル・アゲイン

Category: 韓流
スマイル・アゲイン

愛しのイ・ドンゴン氏主演のドラマです。
共演(っていうか、ダブル主演?)のキム・ヒソンさんも相変わらず美しい…。。

…まだ全然観てません。(^_^;)
先週の土曜日に手元に届いたのに、時間がない…。ゲームを必死にしてたから~。
(おかげさまで「ウィッシュルーム」はクリアしました!)

1日24時間じゃなくって36時間あったら良いのにと思う今日この頃。
それか週休3日制。

そして、年末にとうとうイ・ドンゴン氏の日本公式ファンクラブが設立され、思わず入会してしまいました。
イ・ドンゴン ファンクラブ会員証

今日届いた会員証とストラップです。
うーん。なかなか渋いデザイン!
Comment:0  Trackback:0
2006
10.11

ホワイト・クリスマス 恋しくて、逢いたくて

Category: 韓流
ソン・スンホンとキム・ヒソンという、「悲しき恋歌」で共演するはずだった2人が出ている映画「ホワイト・クリスマス 恋しくて、逢いたくて」をこれまたDVDで観ました。ちょっと古いものみたいですね。

まるでキム・ヒソンがヒロインであるかのようなジャケット・ストーリー紹介ですが、実際は違いますね。(^^;)

最初、「え…。これってホラー?サスペンスなの?」と思ってしまうようなちょっと暗くて怖いオープニングだったので一瞬ヒヤリとしましたが(私は怖いの苦手なのです)、内容的にはタイムトリップものです。こういう設定は結構好きなんですが。
うーん。すごい無理やり。
なんでやねん!ってツッコミたくなる場面が多々有りました。

そしてラストは。これ、ハッピーエンドなのか?とこれまたツッコミ。

それにしても、キム・ヒソンの厚化粧がもう違和感ありありで…。そして、なんか顔が…違う…。韓国の人には当たり前ということですが、やはり彼女も整形?
「悲しき恋歌」ではすっごいキレイ~と思ったのですが、この作品では…なんか目元とか鼻のあたりが違って思えて仕方なかったのですが…。
Comment:0  Trackback:0
2006
10.09

ホワイト・バレンタイン

Category: 韓流
「猟奇的な彼女」でブレイクしたチョン・ジヒョンの映画デビュー作ということで「ホワイト・バレンタイン」をDVDで観たのですが、あら相手役が「パリの恋人」のパク・シニャンじゃないの!と驚きました。
しかし彼、なんていうかヨン様チックな髪型に、ラフな服装で…似合わない~(^^;)。
途中回想シーンでスーツ姿も登場したのですが、やはりそっちの方が似合うかなぁ。

チョン・ジヒョンはさすが映画デビューの頃とあって、若い!そして髪が(今よりも)短い!!でも可愛らしさは変わらず。(^^)

内容としては淡々としたもので、ラストも結局どうなったのこの二人?というカンジだったのですが、まぁなかなかワタシ的には好きな作品です。

そしてパク・シニャンは小鳥屋さんという設定で。小道具(?)として鳥が結構出てました。ハトは重要な役割を果たしてますしね。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。